家庭用脱毛器のすすめ│脱毛エステの効果・特徴について

家庭用脱毛器 → 家庭用脱毛器 vs 脱毛エステ│お店選びの注意点

家庭用脱毛器 vs 脱毛エステ│お店選びの注意点

脱毛処理をしてもらう際に検討するのがお店選び。エステサロンとクリニックがあるのをご存知でしょうか。この二つは似ているようで、実ははっきりとした違いがあります。それは医療機関かどうかという点です。エステサロンは医療機関ではなく、クリニックは医療機関です。

最近普及している脱毛処理にはレーザー脱毛とフラッシュ(光)脱毛と呼ばれる2種類の方式があります。実はレーザーを導入しているお店はクリニックが多い傾向にあります。これはレーザーは毛根を焼く力が強く、法律で医療行為としてみなされるためです。

ですが、エステサロンでもレーザーを導入しているお店はあるのはあります。これは違法なのかというと、答はノーです。レーザーにも強さがあり、毛根を焼いてなくすほどの強い出力を持ったレーザーの場合はクリニックしか取り扱いができません。

このレーザーは医療用レーザーと呼ばれたりもします。一方、エステサロンで導入されているレーザーは医療用に比べると、少し出力が弱いです。毛根を弱らせるという感じです。

エステサロンだと効果が薄いのかと考える方もいますが、完全な永久脱毛は確かにサロンは謳えないのですが、毎日のムダ毛処理が必要ないと思えるレベルには十分処理ができます。

また、サロンだとお店の作りもリラックスできる内装になっていたり、価格もクリニックに比べると低価格で行えるお店も多いです。施術後のケアはクリニックだと肌が荒れたり、かゆみが出た場合に、医療機関なので、薬を処方してケアをしてもらう事ができます。

サロンだと薬を処方してもらう事はできませんが、元々のレーザー出力が医療用レーザーに比べて軽い事、また、アフターケアに力を入れている所も多く、サロンオリジナルの保湿液などでケアをしてくれる所は多いです。

エステサロンとクリニック、似ているようですがこのように違いがあります。永久脱毛にこだわるならクリニック。値段を抑えて気持ち良く施術を受けたいならエステサロンという区別になります。どちらも良い点はしっかりあるので、あなたの希望に合わせて選んでくださいね。

ハイジニーナ脱毛が完了するまで

ワキや手足の脱毛を経験した人でも、ハイジニーナ脱毛となるとちょっと未知の世界ではないでしょうか。まわりにも、あまり経験した人がいないため、ちょっと聞いてみるということもできません。一番気になる「料金」と「実際の痛みはどのくらいか」を具体的に調べてみました。

ハイジニーナ脱毛が完了するまで、何回脱毛サロンに通えばいいのか、それによって料金も全く違ってきます。もちろん1回で完了してくれれば言うことなしですが、どんなに薄毛の人でも1回では終わりません。通常4回~6回通ってようやくムダ毛が目立たなくなりますが、まだまだお手入れは必要です。

納得がいくまでツルツルにしたいという人は、15回以上は通うようです。毛には、毛周期というものがあり、その周期の成長期にムダ毛処理をしなければ効果がありませんから、施術も「早くやって~」というわけにはいきません。当然完了するまでの時間が長く1年から2年というスパンを覚悟しなくてはなりません。

料金ですが、施術回数が多くなればなるほど高額になります。しかしハイジニーナだけでなく30~40万円くらいで全身脱毛回数無制限コースにすれば、トータル的にはかなりお得感があります。

何といってもデリケートラインなので、痛みに関して不安を持つ人も多いのではないでしょうか。特に、レーザー脱毛の場合には痛みが強くて相当の覚悟が必要だといわれています。前もって痛みに弱いことを伝えておけば、麻酔ジェルなどを塗って対応してくれるクリニックもありますから、尋ねてみましょう。

「そんな覚悟できない」という人には、やはりフラッシュ脱毛がオススメです。比較的痛みを感じないといわれていますが、色素沈着している部位は痛みが強くなる傾向になります。

デリケートラインは、どうしても下着などによって日常的に摩擦などの刺激がありますから、色素沈着を起こしやすい部分です。そのため、フラッシュの光が反応してしまい、肌にも負担をかけることになります。

いずれにしても痛みに関しては個人差が大きく、ひとことでは判断できませんが、施術のテクニックも大きく関係するので、口コミなどを参考にじっくり検討しましょう。